10月もマイペースに更新中!

室戸にある”廃校水族館”が面白かった話

もみあげ隊長
もみあげ隊長

四国の片隅にあるユニークな水族館であるッ!

※コロナ禍での訪問記のため、通常時と順路等違う可能性があります。

廃校水族館とは?

高知県の東の端、室戸市室戸岬町にある「むろと廃校水族館」。2006年3月に廃校となった”室戸市立椎名小学校”を5億円をかけて改修し、2018年4月にオープンした水族館であるッ!

リーズナブルな料金設定

入口には立派な石碑があるッ!…ように見えるが、実はこれ”自動販売機”なのであるッ!遊び心と地元の”学校に対する思い”が感じられる。

※訪問時はコロナ禍のため、チケットは屋外での販売だった。


高校生以上:600円
小・中学生:300円
小学生未満:無料


営業時間:9:00~18:00(10月~3月は~17:00)
年中無休


もみあげ隊長
もみあげ隊長

大人1人600円はかなり安いのではないかッ!

全てが地元漁師から譲り受けた魚!

飼育&展示されている魚は約50種1000匹!その全てが地元漁師から譲り受けたものだッ!

よって目玉となるようなアイドル的存在の魚がいるわけではなく、もちろんショーの様なものもないッ!

しかし訪問者はオープン半年で10万人を突破(初年度目標4万人)するという人気の水族館なのであるッ!

ベビーカーについて

むろと廃校水族館は3Fまであるが、エレベーターは2Fまでしかないッ!もみあげ隊長はエレベーターで2Fまで上がり、3Fに上がる時はベビーカーを担いだ。

ちなみにエレベーターは大人1人とベビーカーでいっぱいになる狭さだ。

我が家のベビーカーは簡素なものなのでさほど苦ではなかったが、順路最後の屋外プールに行く階段はさほど広さもないので、しっかりとしたベビーカーだとちょっと大変かもしれない。

ベビーカーの種類や大きさによっては、入口で預けるか、車の中に置いて抱っこして入った方が良いかもしれないッ!

水族館だが”学校”

水族館なのに教室があるのだッ!

「むろと廃校水族館」は水族館なのに学校、学校なのに水族館ッ!入ってすぐ教室があるッ!こんな水族館、他にはないぜッ!

そしてかつての教室だけでなく廊下の手洗い場や、跳び箱の裏、もちろん廊下にも水槽があり魚やエビが展示されている。

とにかくユニーク!いたるところに学校としての名残もあり、はしゃぐ子供を前に大人は遠い昔の小学校時代を思い出しつつ、どことなくノスタルジックな感情を抱きながら、ゆっくりと見て回るべしッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

名前に「廃校」という名が付いているのは、日本各地で増える廃校が活用可能なことを知ってもらう狙いもあったそうだッ!

理科室やキッズルームも!

「むろと廃校水族館」には理科室やキッズルームもあるッ!理科室には人体模型があり、その隣の教室には甲羅があり背負うことが出来るッ!

そう…

リアル亀仙人が体験できてしまうのだッ!

(大きさは子供向けだがw)

キッズルームにはクライミングができたり、木琴やハンドベル、アコーディオンが置いてあり自由に使うことが出来るッ!

トイレの写真の奥には図書館もあるが、残念ながらコロナ禍の訪問だったので閉鎖中だった。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

建物(学校)内は所々換気されているものの、空調が効いており快適に見学が出来るッ!

屋外プールで締めッ!

順路通り進むと、最後は学校のプールをそのまま水槽にしちゃった”屋外水槽”だッ!階段の上から一望できるので子供は大はしゃぎ、大人はシャッターチャンスだッ!w

大プールではサメやエイが、隣の小プールではカメがいたッ!ここを見た後はプールサイドが出口になっている。

ちなみに通常時はどうかわからないが、コロナ禍では順路通り、逆戻り不可の完全一方通行なので注意すべしッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

小プールはかなり間近で見ることが出来るぞッ!

ブリとサバをゲットだッ!

「むろと廃校水族館」の最後に”ぶりくじ””さばくじ”をぜひオススメするッ!1回1000円のエアーで回るクジ(ハズレなし)を取って、等級によってそれぞれの大きさのぬいぐるみが貰えるのだが、なんといっても”ぶり”と”さば”という

夕食のおかずでいえばレギュラー

の魚をぬいぐるみにするという趣向が最高だッ!

ぶりとさば

ウチの子は4等で、多分1番小さいタイプのぬいぐるみだろうが、両手にブリとサバを持ってニッコニコだったw

最後に

少子化、そして地域の過疎化…全国的な問題だが、ここ室戸も例外ではないッ!残念ながらここに毎日通う子供はもういないのだ…

だが地域の人をはじめとして、たくさんの人々の努力で、ここにはかつての生徒の代わりにたくさんの魚がいて、それを見に来るたくさんの子供達の楽しい声がまた響くようになった。

看板になる魚はいない…目玉になるショーもない。

長らく地域の子供を育んできた”学校”は、今は全国各地から訪れる大人や子供達にたくさんの笑顔とココでしかできない”非日常”を体験させてくれる素晴らしい”学校”に生まれ変わったのであるッ!

参考リンク⇒むろと廃校水族館Twitter

もみあげ隊長
もみあげ隊長

ノスタルジー水族館「むろと廃校水族館」オススメであるッ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です