10月もマイペースに更新中!

”オレ流”料金プランの選び方

プランは3つだ!

格安SIMの料金プランは大手キャリアのそれと比べると非常にわかりやすくシンプルな料金プランになっている。

格安SIM会社によって名前は少し違うがプランの柱はこの3つだッ!

3つの料金プラン

  1. 音声通話プラン
  2. データ通信+SMSプラン
  3. データ通信専用プラン

順に見ていこう

音声通話プラン

  • 一般的なプラン
  • 通話のたびに通話料がかかる
  • かけ放題はオプション

普通の通話機能とデータ通信のプランだ。1ヶ月のデータ通信料を何GBにするかで料金は違う。だいたい3GBで月額1600円程度と思ってもらっていいだろう。

通話するたびに通話料がかかるが各事業者の専用アプリを使うことで通話料は安くできる。

いわゆる”通話し放題”はオプションで別途月額料金がかかるので、その辺は通話頻度によるが、我が家は一切付けていない。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

長電話をする人や通話の多い人は格安SIMにはあまり向いてないと思う。

データ通信+SMSプラン

SMSは『ショートメッセージ』のことで電話番号でメッセージをやり取りできる。

”SMSあり”のプランにすると電話番号がもらえ(通話は出来ない)その番号でショートメッセージのやり取りが出来る。

で、どのような時に必要か?というと、セキリュティーの「二段階認証」やゲームやアプリの「本人認証」に必要になることが多い。

なのでデータ通信のみのプランを選ぶ場合は、出来る限り”SMSあり”プランを選ぶようにした方が良いだろう。

通常の電話番号を使用しての電話は出来ないが、LINEアプリなどの”通話機能”で通話することは可能だ。ただし通話環境はお世辞にも良いとは言えない。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

我が家では子供3人は中学時代は全員”データ通信SMSあり”プランだったぞ!

データ通信専用プラン

こちらはSMSのないデータ通信のみのプランだ。上の『データ通信+SMSプラン』より月額100円程度安いが、はっきり言ってこれを選択することはないだろう。

例えば自宅がWi-Fi環境なら、別に契約なんてしなくても普通にWi-Fiにつなげばネットは使える。動画も見れるし何も困らない。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

「自宅にWi-Fi環境がないからデータ通信を契約する」くらいなら、Wi-Fiルータを買ってWi-Fi環境にしてしまった方がいい。

従量制と定額制

格安SIM会社によっては料金プランの中に『従量制と定額制』がある場合がある。

従量制プラン

従量制は”使った分だけ払う”プランだッ!基本料金は安いが使った分だけ料金が増えていく。たいては1GB単位で数百円ずつ値段が上がる感じだ。

もちろん定額制と違い使えば使うほど料金がかかるが、毎月のデータ量の上限を設定できる格安SIM会社もある。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

毎月の料金にバラつきが出てしまうのが個人的には難だ…

Wi-Fi環境では通信料は減らない
Wi-Fi環境下でならデータ通信料は減らないので、データ通信料の節約につながる。今の自分の生活環境を考慮してプランを選択すべしッ!

定額制プラン

定額制はプランごとに月当たりの使用できる容量(GB)が決められており、その容量を超過すると通信制限がかかりネットへの接続がかなり遅くなる。

その場合は”追加で容量(GB)を購入すれば、購入した容量分だけまた普通に使える。

月に何GBのプランを選ぶか?

2020年の調査では『スマホの月間データ容量は平均で約7GB』だそうだ…。

仮に格安SIMの『音声通話+データ通信7GB』だと月に2000円を少し超える程度だろう。生活環境によってもちろん違うだろうが、隊長の場合は1GBでも足りている。

これは人それぞれ違うと思うので、1番合ったプランを選べばよいだろう。ちなみにプラン変更はネット上で簡単にできるッ!

データフリーオプション

”カウントフリー”とも呼ばれ最近少しづつ増えてきたが、これは特定の通信に限り”データ通信料をカウントしない”というサービスだッ!

オプションでこれを付けていると、対象サービス利用時にデータ通信量は消費せず、仮に通信速度制限がかかっても対象サービスの通信速度は落ちない。

例えば『LINEモバイル』は”LINE”のデータ通信量は月額無料でゼロだし、『OCNモバイルONE』ならMUSICカウントフリーが無料で利用できる。

格安SIMといえば月額料金の安さばかりクローズアップされがちだが、どのようなオプションがあり、どれが自分の生活スタイルに合っているかをよく考えて申し込むようにすべしッ!

Wi-Fiオプション

例えば『LINEモバイル』なら月に200円で全国の約49,000ヶ所のWi-Fiスポットが利用できるし、『OCNモバイルONE』なら追加料金不要で全国80,000ヶ所のWi-Fiスポットが利用できる。

こういったサービスを上手に利用するのも格安SIMを使いこなすコツだろう。

回線はどこを選ぶ?

格安スマホを選ぶときに会社によってプランに「DoCoMo回線」「au回線」「Softbank回線」などと回線を選べるようになっていることもあるだろう。

レンタル回線の仕組み

格安スマホの会社は回線を大手キャリアから借りてサービスを提供している。音声通話はキャリアと同じ品質で利用できるが、データ通信に関しては『基本的にキャリアと同じ』という建前である。

というのは簡単に言うと格安SIMの会社によって借りている回線の量が違い、その全量を利用者で分け合う形なのだッ!

なので利用者の急激な増減で通信の安定度は変わるし、その他にも利用する時間帯や場所、その場所での人の多さなどでも変化する。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

個人的につながりにくさを感じたことはない。

どの回線を選ぶか?

ネット上などでは回線によって『○○は田舎に強い』とか『○○は速度が安定している』とかいう評価も見かけるが、正直あまりアテにはならんだろう。

個人的にはDoCoMo回線を選んでおけば良いんじゃないかと思う。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

我が家は全スマホがDoCoMo回線の格安SIMだが、特につながりが悪いとか感じたことはない。

▼月額968円から利用できる!▼

OCN モバイル ONE

もみあげ隊長
もみあげ隊長

せっかく格安SIMにするのなら、自分のスマホの使いかたを見直してみるのもいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です