11月もはりきってGO!

”カウントフリー”おすすめ格安SIM

格安SIMはどの会社もオリジナリティーがあり選ぶのに困る場合もあるだろう。

いくら手軽とはいえ乗り換え作業はめんどくさいので、できれば1発で自分の目的にあった格安SIMと出会えるのが1番だッ!

ここでは”カウントフリー”の視点から見たオススメを紹介してみるッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

特に子供に持たすならここは重要なポイントだッ!

カウントフリーとは?

ざっくりといえば”対象サービスのデータ通信量をカウントしない”サービスだッ!

通常の料金プランはプランによって月当たりの利用できるデータ通信量が1Gとか3Gとか決まっておる。

月内にこの通信量を超えると”通信制限”がかかり低速通信、つまりネットへの接続が遅くなる。

そこで格安SIM会社によっては”対象サービス利用のデータ容量はカウントしない”というサービスを提供しているのだッ!

これが”カウントフリー”だッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

使いようによってはプランを上げるより割安になるッ!

子供に持たすスマホに検討の価値あり!

まさしく実体験だが、子供はとにかく”我慢が出来ない”

負担を抑えるために低額プランにしても「容量が足りん!」と文句を言う始末…聞いてみれば「通学時にyoutubeを見たりしている」…そら足らんなるわい…。

我が家は田舎なので都会と違い列車などはひどい時は1時間に1本とかだ、当然待ち時間がどうしても長くなる。なのであまり責めることもできず現在カウントフリーに乗り換えも検討中だ。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

カウントフリーにも”ある程度の決まり”があるので、それを許容できるかどうかじゃな。

BIGLOBEモバイル(エンタメフリー)

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

BIGLOBEモバイル

【エンタメフリー】
  • 音声通話3Gプラン~
  • 月額480円

YouTubeやABEMAといった動画サイトの視聴や、Amazon MusicやLINE MUSICなどの音楽配信の聴取、dマガジンなどの電子書籍の閲覧やダウンロードなどがワンコインでカウントフリーになるッ!

対象サービスは2020年10月現在で22種類!ただし各サービスごとに”画質”や”音質”に推奨設定があったり、対象とならないケースがあるので、事前に公式サイトで確認しておこう。

例えばyoutubeの場合は『視聴可能な画質は360p以下』でアップロードは対象外、ABEMAなら画質設定は『最低以下』などのようになっている。

\公式サイトを見てみる/
もみあげ隊長
もみあげ隊長

「エンタメフリー」でYouTubeが見放題になるのはBIGLOBEモバイルだけだッ!

LINEモバイル(データフリー)

LINEモバイル

【データフリー】
  • LINEデータフリーは無料
  • 3つのプランがある
  • 最大プランでも月額480円

月額0円の『LINEデータフリー』でもLINEアプリでのトークはもちろん、音声通話やビデオ通話もデータフリーだッ!

月額280円で『Twitter』と『Facebook』が、月額480円でさらに『Instagram』『LINE MUSIC』『Spotify』『AWA』もデータフリーで使える。

こちらも例えば『Instagram』なら”ライブ動画の配信や視聴は対象外”など、各サービスによって決まりがあるので事前に公式サイトで確認しておこう。

\公式サイトを見てみる/
もみあげ隊長
もみあげ隊長

LINEアプリをよく使うならココだッ!

OCNモバイルONE(MUSICカウントフリー

OCN モバイル ONE

【MUSICカウントフリー】
  • 申し込みが必要
  • 利用料は無料
  • 対象サービスは9つ

なんといっても”申し込むだけで無料で使える”のが最大の魅力だろう。『Amazon Music』を筆頭に人気ミュージックサービスの9つが通信容量を消費せずに利用できるのだッ!

こちらも”音楽ストリーミングに関するもの以外の通信はカウントフリーとならない場合がある”とざっくりだが記載があるので事前に公式サイトで確認しておこう。

\公式サイトを見てみる/
もみあげ隊長
もみあげ隊長

申し込むだけで無料というのが嬉しい!

楽天モバイル(無制限)

楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT
  • データ使い放題
  • 国内通話かけ放題
  • 現状楽天回線エリアが狭い

プランは月額2980円の1つだが、これで通話もデータ通信も無制限!もはや内容だけ見ると現時点で最強であることは間違いないッ!

しかも5Gエリア内で5G対応スマホなら”5G通信でも使い放題”、ただしどちらにせよ”楽天回線エリア内”であることが条件だ。

都会ではまだしも我が家のように地方は現状”パートナー回線エリア”となりデータ容量は月に5Gという設定になっている。

なのであくまでも現状だと”大都市向け”の選択肢ではあるが、この先楽天回線エリアが全国に広がれば、真の意味での”最強モバイル”になることは間違いないのだッ!

\公式サイトを見てみる/
もみあげ隊長
もみあげ隊長

2021年夏までに楽天回線エリアは人口カバー率96%になる予定だそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です