あけましておめでとうございます♪今年もマイペースに更新!

クレジットカードの”5大”国際ブランドを解説してみた話

国際ブランドについて

クレジットカードにはVISAやMastercardなどのマークが付いている。これが”国際ブランド”だッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

ぶっちゃけあまり役立つような話ではないかもしれんが、まぁ一応知っとけ!

世界中のマークのある加盟店で使える

その名の通り『国際ブランド=世界中で使えるブランド』で、これらのマークがあるカードなら世界中の様々な国や地域で、決済だけでなく付帯している特典や補償なども日本と同じように受けることが出来るッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

自分の持っているクレジットカードについているブランドのマークがお店にあれば使用可能だ!

世界はVISAとMasterで出来ている!

国際ブランドの世界シェア率は、VISAが全体の50%超を、Mastercardが約30%と全体の約80%をこの2つのブランドが占めている。

最近は成長著しい中国の”銀聯(ぎんれん)別名UnionPay(ユニオンペイ)”というブランドが伸びてきており、VISAを抜いたとも噂されている。

日本でも作れるようだが、隊長は作ったことも作る気も今のところないッ!

もみあげ隊長
もみあげ隊長

要するにVISAとMasterの2枚のカードがあれば大抵は問題ないということだッ!

VISA

知名度No.1の国際ブランド。”初めてクレジットカード作るならVISAで作れ”といっても良いくらい、海外から国内まで大小様々な店で幅広く使えるブランドだッ!

VISAはライセンス提供のみ

ちなみにVISAは決済サービス(ライセンス)の提供であり、VISA自体はクレジットカードは発行していない。

VISAブランドを使いたい企業が申請し認可を受けてVISAブランドのクレジットカードを発行、クレジットカードに付帯するサービスはその発行する企業側が独自に付けるのである。

要するに”発行するクレジットカード会社ごとにサービスが異なる”のである。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

とりあえず初めての1枚はVISAがおすすめだッ!

Mastercard

「ヘイ!マスター!」とつい言いたくなる(ならない)こちらは世界シェア2位の国際ブランド

当然VISAの次に使いやすい国際ブランドと言ってよく、よく”Mastercardは海外で使い勝手が良い”と言われるので、海外旅行や海外出張の多い人向けとも言える。

Mastercardもライセンス提供のみ

そしてMastercardもVISAと同じく自社でのクレジットカードの発行はしておらずライセンス提供のみを行っている。

”コストコ”ファンには必須ブランド

日本国内では『コストコ』ではMastercardしか使えないので、コストコファンには必須ブランドと言えるだろう。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

AmazonのクレジットカードはMastercardしかないので、Amazonカードを持つのも検討の価値ありだぞッ!

JCB

誇るべき日本生まれの国際ブランドであるッ!日本国内では使えるお店も多く、そして何より”日本生まれの国際ブランド”という安心感がある。

日本発の国際ブランド

近年は”銀聯”という中国の国際ブランドも出てきたが、実は有名な国際ブランドは”ほぼ全てがアメリカ発”なのである。

ただし海外ではやはり加盟店の少なさから使い勝手はあまりよくないという話なので、国内での使用メインとして検討すると良いだろう。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

人生で2回しか海外に行ったことのない隊長にとっては”海外での使い勝手”はあまり意味を持たないのだッ!

プロパーカードも発行している

JCBは『American Express』と『Diners Club』と並びプロパーカードを発行している。これはカードの持つ”ステータス性”を重視する人には大きなポイントとなる。

プロパーカードとは?
カードのブランド会社自体が発行するクレジットカード。

American Express

American Express、通称アメックスは世界的シェアこそ高くないものの”持っていること”が意味を持つカードだッ!

ステータス性は抜群!

海外ではクレジットカードは言わば”身分証”のようなもの。なかでもアメックスのカードは、そのハイレベルな特典やサービスからも”富裕層向け”のハイステータスなカードというイメージ。

ちなみにアメックスはJCBと業務提携しているので、JCB加盟店で使用できる。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

うむ…隊長は持つことはなさそうだな…w

Diners Club

ダイナースクラブは国際ブランドの先駆け的存在だッ!上記アメックスと並ぶ”富裕層向けカード”と言っていいだろう。

コチラもステータス性重視カード

スタンダードカードで年会費が約24,000円、申し込み年齢27歳以上、そして利用額は”一律の制限なし”となかなかのポテンシャルだッ!もちろん優待や各種サービスも非常に充実しておるッ!

利用可能額は個別の利用状況に応じて設定されるので、高額な買い物や支出などにも安心だろう。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

これも”超庶民”の隊長には縁がなさそうじゃ…w

締めの言葉ッ!

American Express、Diners Clubは”本当の意味の大人”が持つ様なカードだろうw少なくとも隊長の選択肢には今のところない(たぶん向こうもお断りだろうww)

隊長のように

  • 毎月そこそこの金額しか利用しない
  • ほぼ海外に行かない
  • なんなら空港すらあまり利用しない
  • そもそも年会費は無料が基本だッ!

なら、よく利用するお店やサービスが発行するクレジットカードにVISA、Mastercard、JCBの3つから『コレだッ!』と思うものを付帯すれば良いと思うぞッ!

もちろん「めちゃくちゃ海外旅行行くよ!」「すんげー飛行機乗るぜ!」「それなりの金額使うぜ!」なんて人は”付帯サービス”を基準にブランドを選ぶのもアリだろう。

もみあげ隊長
もみあげ隊長

まっ、とりあえず年会費無料のVISAのクレジットカード1枚作っとけ。それで大抵の用事は済むッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です